小学校PTAなどへの出前講座


「宿題が終わったら遊んでいいよ」「遊んでばかりいないで勉強しなさい!」

親からすると、「遊ぶ」という営みは、優先順位が低くつけられがちです。でも、子どもにとって遊ぶことは、食べたり寝たりするのと同じくらい、生きることに直結しています。

「遊ぶ」ということは、なぜそれほど大事なのでしょうか。

子どもの育ちと遊びの環境やその問題性を踏まえながら、今を生きる子どもたちが豊かに健やかに育つために重要なことを共有します。

「生きる力」が問われる今、自らの人生をいきいきと生きるためのヒントが、遊ぶことには詰まっています。

illust1935

 

IMG_0679 IMG_0798

IMG_7520 IMG_1234