PLAY FUKUOKA

 

団体・活動紹介

一般社団法人PLAY FUKUOKAは、

遊び場に関わる人・行政・地域・保護者などが有機的に連携し、

子どもたちがいきいきと自分らしく育つことができる地域社会をめざしている非営利活動団体です。

わたしたちにできること

遊び場づくり / 講座・ワークショップ

地域の遊び場づくり支援として、実践形式のプレーパークを開催したり、

子どもの遊びと育ちを支えるために共有したいことを講座の形でお届けしたり、

互いに学び合うワークショップ形式で気づきを深めたりしています。

以下に、最近の講座の中からキーワードを並べています。

 

 

お問い合わせ

 講演、プレイパーク実践、プレイワーカー派遣などのご依頼はこちらから
 
 

 

子どもの育ちにも、大人の生活にも、「遊ぶ」という営みはとても大切です。

「遊ぶ」という営みは、その人自身の意欲や関心を源に、様々な形で現れます。

「遊ぶ」中でその人らしくのびのび育ち、いきいき生きる土台が育まれるのです。

なるべく無駄を省き、便利や効率が優先されてきた少し前の時代に、

「遊ぶ」ということが社会から少しずつ失われてしまいました。

いま、「遊ぶ」ということの価値が見直されるようになってきました。

私たちがこの社会で大切にしたいものを思い出し、再び築いていく段階にきています。

PLAY FUKUOKAは、福岡を拠点に、様々な人や組織と手を取り合って、

「遊ぶ」という営みが大切にされるための活動をしている非営利活動団体です。